2020.03.24

生徒に向けた教育コンテンツの提供(生物科学学会連合)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う学校園の臨時休業措置等で、学校における教育活動に影響が出ております。生物科学学会連合では、加盟学協会の提供する教育コンテンツを紹介し、科学研究活動に興味を持つ中高生に研究について考える機会を提供しています。

https://seikaren.org/news/436.html
2019.09.24

夏季シンポジウム2019 アンケート結果

回答数:14

Q1. 参加して良かったですか?

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
14
100
2
普通
0
0
3
良くなかった
0
0
4
その他(ご意見欄に記入ください)
0
0
ご意見

1.とてもきれいな施設で、よくオーガナイズされていて、楽しい会でした。また、施設の方々も大変良くしてくださいました。オーガナイザーの皆様、ありがとうございました。
2.たいへん楽しい2泊3日だった。
3.厳しくかつ教育的なシンポとして、非常に良かったと思います。
4.日本両棲類研究所の所長を始めとするスタッフの皆様には本当にお世話になりました。ありがとうございました。
locationがniceだった
5.こういう少数精鋭の会に参加することは、今まで性格的に尻込みしていたが、思い切って参加してボコボコにされたことは、むしろ良かったと思う。討論会や懇親会で、豪華なパネリストの先生のお話を聞けたのも貴重な経験だった。

Q2. この会での一番の収穫は何でしたか?

1. 質疑応答時の議論で自分の未熟さを思い知ったこと
2. 若手の育成の仕方、学会のあり方、研究のあり方について再考する機会を得たことです。
3. 研究を進めていく上での有用な意見
4. 自分の今後の研究の進め方についての提案。具体的なモノから概念的なものまで。
5. 出会い。
研究に対しても、今後の研究人生に対しても、たくさんアドバイスをいただけた。
6. 両生類研究者としての個人的理由になりますが、日本両棲類研究所の所長を始めとするスタッフの皆様と知り合えたことが大きな収穫です。
7. 研究に熱意を持った若い研究者が多数いることがわかりました。
8. 篠崎先生の地域復興にかける熱い思いが伝わってきたこと。
9. 基礎研究を第一線でなさっている先生方と議論する中で、目標となる研究者像(?)が具体的になったこと。
10.西の両生類研究センターと東の両棲類研究所のスタッフが顔を揃えたところで、JSDBの若手のactiveな発表を聞けたこと。
11.自分の研究のブラッシュアップができたこと
12.同年代の若手研究者との密な交流ができた
 シニア研究者たちと同じ目線で討論できた
13.普段の学会ではあまり触れることのない、「いかにブレイクスルーを起こすか」等の視点からの議論にたくさん触れることができたことです。
14周りの「若手」と呼ばれる人が意識高く、また目標を持って研究に打ち込んでいるのを見て、今の自分のレベルとのギャップを強く感じたこと。

Q3. 会の形態(場所、運営の形態などについて)はいかがでしたか?

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
11
78.6
2
普通
2
14.3
3
良くなかった
0
0
4
その他(ご意見欄に記入ください)
1
7.1
ご意見

1.音響・マイクに問題あり。発表者の声が反響しすぎることに加え、水槽に循環させる水の音がかなり大きかったため、3列目以降は聞こえにくかった。
2.開催場所に惹かれたというのは参加の動機としてある。運営も若手中心なのは、若手の一人として気軽に参加しやすいところはある。が、幹事の負担が一人に集中しすぎているようにも見えたのも事実。また、せっかく中禅寺湖まで来たので、もう少しのんびり湖畔を散歩するようなこともしてみたかった気持ちは正直ある。
3.日本両棲類研究所は、その活動意義が素晴らしい上に自然と温泉に恵まれ、このようなサイズのアカデミックミーティングの場所として非常に良かったと思います。また発表と討論の時間が十分あり、かつ発表毎にコーヒーブレークがあったので、集中力を保つことができました。
4.参加者が少数ですので、上のカフェでくつろぎながら発表と討論を行っても良かったのではないかと思いました。
5.オオサンショゥウオが居る部屋での研究会は初めての経験だった。
6.質疑応答が長くとってあったのが素晴らしいと思いました。休憩の頻度と時間もちょうどよかったと思います。
7.日本両棲類研究所の方には、会期中大いにサポートしていただき、本当にありがたかった。ありがとうございました。宿舎と会場が近く、無駄な時間がなかったのも良かった。たと思う。

Q4. 集まる人数、年齢層はどうでしたか?

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
6
42.9
2
普通
4
28.6
3
良くなかった
1
7.1
4
その他(ご意見欄に記入ください)
3
21.4
ご意見

1. もう少し博士課程~ポスドクの参加者がいても良いのでは?
2. 参加する学生の数が少なすぎるという事実を真摯に受け止め、今後について検討する必要があると感じました。
3. やや規模が小さいことが気になりました
4. 少人数でじっくり話し合えたのでよかった。なので人数はこの程度でよいと思う。ただ、若手がこれ以上少なくなるとよくないとは思う。もう少し多い分には構わないが。
5. 人数規模は、2泊3日のプログラムに余裕を持たせる為にも、今回程度が適当と思います。
6. 若い研究者の交流の場を作るという点では、もう少し若手の参加者が多くても良いと思いました。
7. 修士課程2年から博士後期課程1年の学生が多く、ポスドク先や助教のポジションを探している若手がいなかった。
8. 発表者がもう少しいてもいいのかな、と思いました。
9. もう少し若手の参加があつても良かったのでは、
10.最初、若手の参加人数が少ないように感じたが、終わってから考えるとむしろこのぐらいの方が、一人一人に対して濃密な議論が可能であり、適当な人数、年齢構成であったように感じる。最終日は、年齢など関係なく、盛り上がっていたが。

Q5. 発表の内容はいかがでしたか?

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
10
71.4
2
普通
4
28.6
3
良くなかった
0
0
4
その他(ご意見欄に記入ください)
0
0
ご意見

1.総じて気概のある人々が揃っていて面白かった。発表25分+質疑応答20分という長さもベストな選択であるように感じた。研究対象の面では少々偏りがあり、植物や理論系の発表も聞いてはみたかったが、これは参加者の立候補によるものなので仕方ないと思う。
2.発表者はよく準備してきており、そこに強い意欲とやる気を感じました。そのような発表に対して、何が良くて何が不明瞭なのか、突っ込んだ議論ができたのが教育的で良かったと思います。
3.修士課程2年, 博士後期課程1年にしてはデータもあり、良く頑張っていることが伝わってきました。
4.活き活きした発表が多くて良かった。
5.他の人のレベルが高く、刺激を受けた。

Q6. 今後このような会を継続して開催する意味があるでしょうか?

No.
選択肢
投票数
投票率
1
ある
12
85.7
2
ない
0
0
3
その他(ご意見欄に記入ください)
2
14.3
ご意見

1.シニアの先生と密に触れ合う機会はあまりないため貴重な経験だった
2.参加学生の人数が10名を割っている時点で、このままの形式で開催することについて、見直す時期にあるかと思います。
3.学生や若いポスドクとシニア研究者が、研究等の将来について真剣に議論できる場として、是非とも継続すべきと思います。

Q7. 会を開催するとすれば、どれくらいの頻度で開催するべきでしょうか?

No.
選択肢
投票数
投票率
1
毎年
3
21.4
2
隔年
8
57.1
3
必要に応じて
2
14.3
4
その他(ご意見欄に記入ください)
1
7.1
ご意見

1.もしも学生のための会であるのならば、毎年開催にすべきかと思います。研究室の学生は、先輩を見て、(自分が同じ学年になったときの)参加を目標にしたりしますので。ただ、そもそもこのまま開催するべきなのかーということについては再考すべきかと思います。
2.毎年では主催側も疲弊し、参加者もルーチン化してゆくように思える。隔年かそれ以下でよいと思う。
3.若い参加者への教育効果を考えると毎年が良いと思いますが、オーガナイザーの負担を考えると、隔年程度が継続しやすいかもしれません。
4.毎年開催が望ましいとは思いますが、実際には難しいと思います。募集の時に、2年に1回のチャンスだから、積極的に出る方が良いことをアピールする必要があると思いました。

Q8. 会を開催するとすればいつがよいでしょうか?

No.
選択肢
投票数
投票率
1
年会の前後に行うべき
2
14.3
2
年会とは関係のない時期に行うべき
10
71.4
3
その他(ご意見欄に記入ください)
2
14.3
ご意見

1.若手同志が集まる機会を提供し、若手を育てる目的で始めたシンポジウムですが、最初に始めた頃とは、大学改革で授業体系も大きく変わり、就職活動も長期化し、大学で学生が参加しなければ行けない様々な行事も増えてしまっていて、学生が忙しくなっています。特に発生学会は、そもそもの本大会で日本人学生の参加者が他の学会と比べて激減していると感じています。そのため、個人的には本大会の方を立て直して、学生を本大会に呼び戻すことの方が先決に思います。学生も忙しいので、複数ある学会のうち、魅力的なものだけを選んで参加していますし、夏季シンポジウムにまで参加する余力はないのかもしれません。もし、このままやるとしても、本大会の前日に組み込むような形にするなどするのはいかがでしょうか。
2.年会とは独立して考えてよいのではないでしょうか。
3.これはQ10にも関連する。年会の前後でやるならば、いっそ年会の関連集会として発生学会年会自体を盛り上げる方向に向かうべきだと思う。
4.今回と同様、8月末か9月初頭が良いと思います。授業のある時期は、参加者が限られます。
5.やはり夏休みシーズンが参加しやすくて良い
6.先生方のご都合を合わせるのは大変かと思うが、年会の場所、時期とは無関係に行ったほうが、個性的で面白い会になりそうな感じがする。

Q9. 会を開催するとすれば、改善するべき点はどのようなことでしょうか?

1.シニアの先生にも発表をお願いしたい。学生がシニアの先生の発表を聞いて、問題点などを指摘する下剋上的なものもあっても良いのでは?
2.若手同志が集まる機会を得ることは大事ですが、若手同志で語り合うよりも、シニアの話を聞くことがメインになってしまっているのであれば(それはもちろん良い機会でもありますが)、シニアも再考が必要なのかもしれません。若手が自発的に若手の会を行うのをサポートするという形式もあるでしょうか。
3.博士課程やポスドクの発表者が中心であったが、学部生や修士の学生などにも発表機会があればよりよくなるのではないかと思いました。発表時間を短くするなどすれば可能だとも思います。参加者数の増加にもつながって、いろんな人の話を聞けるよい機会になるのではないでしょうか。
4.特になし。
少人数制がすごくよかった。
5.2泊3日のプログラムとしては、ほどほどに余裕があって、特に不都合な点はなかったと思います。
6.若手の発表者がもう少し増えればと思います。
7.そろそろ英語での発表を入れていくのも良いかも、、
8.今回の会は素晴らしかったと思うので特別な意見がありません。

Q10.会を開催するとすれば、参加者を発生生物学会員に限定するべきでしょうか?

No.
選択肢
投票数
投票率
1
発生生物学会員に限定すべき
1
7.1
2
発生生物学会員に限定しなくて良い
12
85.7
3
その他(ご意見欄に記入ください)
1
7.1
ご意見

1.是非様々な分野の方の発表を聞きたい。議論の幅が広がるはず。
2.若手研究者は所属学会にこだわらずに自発的に色々な若手の会を組織しているようですし、そのような形が最も喜ばしいことに思います。
3.仮に発生学会員に限定するなら、わざわざ独立したシンポジウムではなく年会の期間中に行えばよいのではないか。それでもなお「独立させた方が年会では得られないことがこの会で得られる」というのなら、得られるものも得られない年会の在りかたの方を見直すべきだろう。この会は発生学会員のみならず、むしろ他分野から見た発生学の使い方、また発生学と言う分野への違和感やブレイクスルーをもたらすような提案をも期待し、門戸を広く保つべきだと考える。
4.若手会員を増やす為にも、特に限定せずに、発生生物学会の行事として開催するので問題ないと思います。
5.学際的な研究が一般化している現在、発生関連の研究をしつつも発生生物学会には所属していない人も相当数います。応募総数にもよるので一概には言えないかも知れませんが、基本的には広く門戸を開くことが会のためにも発生生物学会のためにもプラスに働くと思います。
6.希望者が殺到し、応募倍率が非常に高い場合を除けば、学会員に参加を優先させる意味は特段無いように思う。むしろ、非学会員であっても参加を希望するような意欲的な人は、会にとっては有益だと思う。

Q11. 9月3日(火)最後の討論会はいかがでしたか?

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
10
71.4
2
普通
2
14.3
3
良くなかった
0
0
4
その他(ご意見欄に記入ください)
2
14.3
ご意見

1.シニアの先生方は発生生物学というテーマにとらわれずに面白いことを見つけて研究するものだと言っていて、確かにそれはあるべき研究者の姿ではあるが、実際は面白いことを見つけることにも苦労するし、仕事となればどうやって稼げるのかを考えなければいけないし、様々なしがらみがあるのも現実。そういうことまで議論できればもっとよかった。
2.基本的にはとても有意義であった。しかし議論が収束せずに終わった点もあり、不完全燃焼にも思える。別に議論をまとめる時間をとっても良いのではないかと思った。
3.15分ほどの議論で席替えをするシステムがよかった。あの手のグループディスカッションは長引くとしばしば硬直してゆくし、どれだけ垣根無くと言ったところで年長者や声の大きい者に最後は引きずられてゆくというのを何度も経験している。事前のプレゼンも知識の言語化と整理という点で有効であったし、仮に反論があったとしてもそれは「他分野から見た発生学」と「発生学者が思う発生学」との乖離とも言えることだろう。内輪で回していてはやがて硬直する。
4.まとめるのが難しいテーマであることは自明でしたが、他の参加者の意見を聞くことがおもしろく、自分の考えを見直す良い機会になりました。
5.これまで、生物学を良くするためにどうすればいいかを微塵も考えてこなかったので、考える機会として、いい経験になりました。ただ、議題をわかりやすくしていただけたら、もっと良かったと思います。
6.発生生物学会らしいアクティビィティと感じた。
7.全体として、当初の討論の目的から外れた結論にいたったとしても、最初にとっかかりになるフレームがあったことは、討論をスタートする手助けになったと思う。短時間でメンバーが変わるスタイルも効果的だったと感じた。

Q12. 9月4日(水)、クロサンショウウオの観察、ハコネサンショウオの保全トンネル視察、奥日光及び養魚場視察はいかがでしたか?

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
12
85.7
2
普通
0
0
3
良くなかった
0
0
4
参加していない
2
14.3
5
その他(ご意見欄に記入ください)
0
0
ご意見

1.とても楽しかった。また行きたい。また採りたい。
2.素晴らしかった。しかし時間スケジュールとしては忙しかった。あれだけ見どころがあるなら仕方ないのだが。
3.クロサンショウウオの観察には大変満足しました。個人的には、サカナマニアなので、養魚場視察が無くなってしまったのが残念でした。
4.時間の都合でキャンセルになってしまった養魚場も見学したかったです。
5.養魚場の視察はなかった。
6.素晴らしかったです。大変貴重な経験をさせていただけました。今後の会でもこういったアクティビティが含まれているといいと思います。
7.フィールドワークは久しくしていなかったので、単純に楽しかった。「両棲類の保護活動」というテーマがあったのも、視察全体を理解する上で良かったと思う。

Q13. その他感想や、意見があれば自由に記入下さい。
貴重な経験でした。運営の方々に感謝申し上げます。
これまでたくさんの精鋭の若手を育成できた素晴らしいシンポジウムですし、参加した若手の方は一様に満足できているようで、歴代のオーガナイザーの方々のお陰と思います。ありがとうございました。一方で、今後のこのシンポジウムのあり方については、学会全体が良い方向に向かうように、最善の形を若手とシニアの学会員全体で再考した方が良いかもしれないと思いました。
参加してよかったと思います。長い時間の発表や質疑応答によって、自らのプレゼンテーション能力の反省点が浮き彫りになった。同時に研究を進めていく上での貴重な意見を得ることができ、有意義な時間を過ごせました。
シンポのテーマは発生生物学でしたが、日本両棲類研究所の所長さんのお話を伺い、保全生物学についても改めて考えることができ、良い機会でした。
サンショウウオ掬い、めちゃくちゃ楽しかったです!(笑)
付加価値のある場所での研究会は若手のみならずシニアにも刺激になった良かった。
貴重な機会に参加させていただき、本当にありがとうございました。

Q13. その他感想や、意見があれば自由に記入下さい。

1.貴重な経験でした。運営の方々に感謝申し上げます。
2.これまでたくさんの精鋭の若手を育成できた素晴らしいシンポジウムですし、参加した若手の方は一様に満足できているようで、歴代のオーガナイザーの方々のお陰と思います。ありがとうございました。一方で、今後のこのシンポジウムのあり方については、学会全体が良い方向に向かうように、最善の形を若手とシニアの学会員全体で再考した方が良いかもしれないと思いました。
3.参加してよかったと思います。長い時間の発表や質疑応答によって、自らのプレゼンテーション能力の反省点が浮き彫りになった。同時に研究を進めていく上での貴重な意見を得ることができ、有意義な時間を過ごせました。
4.シンポのテーマは発生生物学でしたが、日本両棲類研究所の所長さんのお話を伺い、保全生物学についても改めて考えることができ、良い機会でした。
5.サンショウウオ掬い、めちゃくちゃ楽しかったです!(笑)
6.付加価値のある場所での研究会は若手のみならずシニアにも刺激になった良かった。
7.貴重な機会に参加させていただき、本当にありがとうございました。
2019.09.20

夏季シンポジウム2019 ベストプレゼンテーション賞

9/2~4に開催されました夏季シンポジウム2019におきまして下記の方がベストプレゼンテーション賞を受賞されました。おめでとうございます。
最優秀賞:鈴木智佳さん(筑波大学下田臨海実験センター)
優秀賞:山川隼平さん(筑波大学)
※副賞は、第53回大会の参加費および懇親会が無料となります。(ただし発表を行うことが条件です)
2019.06.20

日本発生生物学会運営委員会議事録 (一般社団法人日本発生生物学会第1回通常理事会議事録)

1.開催日時: 2019年5月14日(火)午前11時~午後2時
2.開催場所: 大阪国際交流センター 会議室
3.出席者:理事会構成員(15名・定足数8名以上)
(理事)上野直人、阿形清和、倉永英里奈、近藤滋、相賀裕美子、髙田慎治、髙橋淑子、田村宏治、塚谷裕一、中川真一、林茂生、藤森俊彦、松野健治、吉田松生(全理事16 名中、14名参加) 、
(オブザーバー)林良樹、武田洋幸、西田宏記、中村輝
(欠席理事)倉谷滋、和田洋
(事務局)森本充、佐々木洋、桃津恵子
4.議事概要: 定足数8名を超える14名の理事の出席を得て理事会が成立したことを確認した後、定款第三十四条に従い上野直人会長を議長として議事を進行した。

【報告事項】
1.DGD編集主幹の報告
出版状況、各賞の受賞者について報告があり、了承された。

2.事務局の報告
会員数、会費納入状況、岡田基金受賞者、2019年3月末会計監査、今後の派遣・招へい助成について報告があり、了承された。
3.大会準備状況の報告
第52回大会(大阪)の申込状況・準備状況、第53回大会(熊本)準備状況、第54回大会(札幌)準備状況について報告があり、了承された。
【第52回大会】
Plenary2名、シンポジウム6テーマ、口頭発表9テーマ(99演題)、サテライトワークショップ2テーマ(18演題)、ポスター発表214演題(教授ポスター10演題含む)の申込があった。事前参加申込が436名の申込があった。
【第53回大会】
2020年5月19日から22日に熊本城ホールで開催予定である。Plenary講演2名、竹市先生によるSpecial Lectureを検討中である。一般正会員の大会参加費の値上げを検討し、学生会員の参加費無料を継続する予定である。
【第54回大会】
2021年6月15日から18日に北海道大学学術交流会館で開催予定である。「世話人の負担が少なく持続可能で学会員が楽しめる学会」にするために、様々な試みを検討してく予定である。

4.日独合同若手ミーティング(京都)の報告
13日に京都で開催され、ドイツから11名、日本から35名の参加があり、口頭発表、ポスター発表が行われたこと、2020年10月にドイツで開催されるサマースクールを合同開催することについて報告があり、了承された。

5.生物科学学会連合・連絡会議の報告
定例会議報告、シンポジウム開催、生科連HPに学会ロゴを掲載すること、担当部会について報告があり、了承された。

6.キャリアパス担当の報告
ワークショップの開催準備状況について報告があり、了承された。
【キャリアパスワークショップ】
5月15日のランチョンセミナーとして「翔け博士人材!―博士人材のさまざまなキャリアパスについて考える―」として外部講演者3名の講演およびグループディスカッションを開催する。

7.夏季シンポジウム2019の報告
9月2日(月)から4日(水)において栃木県日光の日本両棲類研究所を会場として開催予定であることが報告され、了承された。

8.その他
  基礎生物学研究所で開催する松本深志高校の実習に後援することが報告され、了承された。


【審議事項】
(第1号議案) 2019年3月決算案(任意団体)の件
2019年1月から3月の決算書を審議の結果、全員異議なく原案通り承認された。

(第2号議案) 任意団体日本発生生物学会第52回総会議題の件
任意団体の第52回総会議題(案)を審議の件、全員異議なく原案通り承認された。

(第3号議案) 任意団体日本発生生物学会解散の件
5月16日に開催される任意団体の総会において任意団体を解散することが全員異議なく承認された。

以上の議事を終え、午後2時に閉会した。
2019.06.20

第52回日本発生生物学会総会議事録

日時:2019年5月16日(木)12:00~12:45
場所:大阪国際交流センターRoom A
次第
1.議長の選任
2.会長挨拶
3.報告事項
4.審議事項
5.任意団体から法人への移行


1.議長の選任
・会場から議長の立候補を募ったが現れなかったため、事務局が基礎生物学研究所の吉田松生会員を推薦し、議長に選出した。

2.会長挨拶(上野会長)
・西田宏記大会長および学生の皆様、協賛いただいた企業への謝辞を述べられた。
・任意団体として最後の総会であることを述べられた。

3.報告事項
1.法人化について(藤森運営委員)
・2018年の総会において学会の法人化が承認されており、今までの経緯および今後の進め方について報告した。

2.庶務報告(森本幹事長)
・会員数および会費収入を報告した。
・今後は以下のミーティングを予定している。
2019年9月2日‐4日/夏季シンポジウム(栃木・日光)
2019年10月23日‐29日/EDBC(欧州発生生物学会)(スペイン・Alicante)
2019年11月11日‐14日/EMTミーティング(熊本)
2020年5月19日‐22日/第53回大会(中村輝大会長・熊本)
2020年未定/APDBC 2020(Hong Kong(予定))
2020年10月/第3回日独合同若手ミーティング(ウルム・ドイツ)
2021年6月15日‐18日/第54回大会(中川真一大会長・札幌)

3.DGD編集委員会からの報告(仲村編集主幹)
・出版状況を報告した。61巻4号まで発行している。特集号について説明があった。
・Editor-in-Chief 賞:Niwa, Yuko S., Niwa, Ryusuke、Wiley-Blackwell賞:Masaki Kinoshita, Austin Smith、奨励賞:Takebayashi-Suzuki, Kimiko、Tatsuya Kamimura、Kazutaka Hosodaが受賞した。

4.第52回大会について(西田大会長)
・プレナリーレクチャー2名、シンポジウム36演題、一般口頭発表99演題、ポスター発表214演題、日本語の口頭発表18演題である。
・本日現在446名の参加申込があった。
・ポスター賞の投票に協力をお願いしたい。
・発表者の内訳(国内外・日本人外国人)について報告があった。

5.その他
・特になし


4.審議事項
1.2018年度・2019年(1-3月)決算報告(森本幹事長)
・2018年決算および2019年(1-3月)決算について報告があり承認された。

2.その他
・特になし

5.任意団体から法人への移行
1.任意団体会長挨拶(上野会長)
・2018年の選挙結果に基づき、次期会長は武田洋幸会員となることが報告された。

2.資産の移管
・財産目録を任意団体の上野会長より一般社団法人の武田会長へ手渡された。
・2019年の予算について報告があった。

3.会員から社員への移行
・任意団体日本発生生物学会の会員は、一般社団法人日本発生生物学会の社員になることが報告された。

4.一般社団法人代表理事挨拶(武田会長(代表理事))
・一般社団法人として引き続き学会活動を続けていくことが述べられた。

5.任意団体の解散(上野会長)
・第51回総会で法人化について審議・承認されている通り、この総会をもって任意団体を解散することを述べられた。
2019.06.14

第52回大会 アンケート結果

第52回大会 アンケート結果をご報告いたします。
アンケート結果は、ダウンロードの上、ご覧ください。【0607】第52回大会 アンケート結果.pdf

回答数:日本語92/英語20
【アンケート項目】

Q1.回答者の属性
Q2.あなたはどれで発表をされましたか?
Q3.本大会ではシンポジウム/Oral Presentationを行いました。その数についてお聞きします。
Q4.シンポジウムについてお聞きします.特に内容が優れていたと思われたものがあれば挙げてください。
Q5.口頭発表/Oral Presentationについてお聞きします。
①発表時間について
②口頭発表について
Q6.ポスターの配置、時間は、いかがでしたか?
Q7.英語での発表については、いかがでしたか?
Q8.研究者間の交流環境は十分サポートされていましたか?
Q9.Web abstract bookは、いかがでしたか?
Q10.その他の要望やご意見(会場アクセス、プログラム全般、会場運営、その他)がありましたらご記入ください。

以下は、次期大会についての要望をお聞きします。
Q11.学会の時間に関して
Q12.招待講演者、Symposium講演者に関して
Q13.Symposiumに関して(複数回答可)
Q14.Web abstract bookに関して
アンケート結果は、ダウンロードの上、ご覧ください。【0607】第52回大会 アンケート結果.pdf

回答数:日本語92/英語20
2019.06.07

秋季シンポジウム2018 アンケート結果

(回答数:26)
Q1. 講演発表者の選考法について(①~③)①参加者/発表者を発生生物学会会員に呼びかけて公募で募集した。
Q2. 講演発表者の選考法について(①~③)②秋季シンポ実行委員会の推薦により、招待講演者を選出した。
Q3. 講演発表者の選考法について(①~③)③発表者はポスター発表者と口頭発表者の2種類とした。
Q4. 発表内容は萌芽的な研究を中心とした未発表のデータを推奨し、closedな会とした。
Q5. 交通費、宿泊費:発生生物学会会員は基本的には手弁当、非会員には旅費支給
Q6. プログラム編成・内容に関して:シンポジウム日数、発表時間など
Q7. 次期(2020年)の秋季シンポの開催に関して
Q8. その他:時期、場所(基生研、遺伝研、理研など)、食事、ホストの労力、宿泊手配、クレーム対応など何でもご記入ください。
Q9. 特別企画"次の10年間の発生生物学の潮流を考える""若手のキャリアパスについて"を企画した。

Q1. 講演発表者の選考法について(①〜③)①参加者/発表者を発生生物学会会員に呼びかけて公募で募集した。

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
23
88.5
2
普通
2
7.7
3
改善した方が良い
0
0
4
その他(ご意見欄に記入ください)
1
3.8
ご意見

1.参加者のほとんどが開催地の基生研の人だったので、バイアスがかかっていたと思います。おそらく対象としているひとたちの年齢からいって家族の都合で3連休開催だと人が集まりにくいのだと思います。
2.普段まとめて聞くことができないTalkを多く聞くことができて良かった。
3.今回はこの方法でとても良かったと思うし、また次回は違うやり方でも良いのだろうと思います

Q2. 講演発表者の選考法について(①〜③)②秋季シンポ実行委員会の推薦により、招待講演者を選出した。

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
23
88.5
2
普通
2
7.7
3
改善した方が良い
0
0
4
その他(ご意見欄に記入ください)
1
3.8
ご意見

1.さまざまな分野の人の話しを聞けてよかった。
2.招待講演者の講演は大変勉強になった。今後も続けて欲しい。
3.招待講演者の話も興味深いものが多くよかったと思う。一方、人数が結構多く、これが前例になって今後シンポジウムで毎回この人数を招待することを目指すようなことになるとクオリティが下がりそう、と思った。クオリティが下がりそうなら発生学会員の発表を増やしたほうがよい。
4.発生学会員に限らず、新しい手法や考え方に触れる機会が得られて良かった。
5.招待講演者は一度お話を聞いてみたい方々だったのでとても嬉しかった。
6.実行委員の方々の興味・見識が広いおかげで、様々な分野の方々の招待講演を聞くことができて、素晴らしかったと思う。
7.今回はこの方法でとても良かったと思うし、また次回は違うやり方でも良いのだろうと思います

Q3. 講演発表者の選考法について(①〜③)③発表者はポスター発表者と口頭発表者の2種類とした。

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
22
84.6
2
普通
3
11.5
3
改善した方が良い
0
0
4
その他(ご意見欄に記入ください)
1
3.8
ご意見

1.折角参加したのにポスター発表だけではもったいなかった。半分の時間でも良いので、口頭発表されると良かった。
2.今回はこの方法でとても良かったと思うし、また次回は違うやり方でも良いのだろうと思います

Q4. 発表内容は萌芽的な研究を中心とした未発表のデータを推奨し、closedな会とした。

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
24
92.3
2
普通
1
3.8
3
悪い
0
0
4
その他(ご意見欄に記入ください)
1
3.8
ご意見

1.発表者の何割かの人が今後の10年の方向を語ったのはよかったし、それをあまり語らなかった何割かの人も彼らの価値観で発表されたと思うので、多様性があってよかったと思う。それよりは、質問の方が今後の10年と関係するような内容が少なかったように感じた。それを推奨するような仕掛けが何かできたらよかったかもしれない。
2.議論も盛り上がり良かった。
3.今回のような発表形式に加えて、プロジェクトがたくさん動いているような大きいラボであれば、一つの時間枠内でPIが大まかな流れを紹介して、学生・ポスドクさんが自分の研究を紹介するという形式を許してもよいかなとも思いました。
4.今回はこの方法でとても良かったと思うし、また次回は違うやり方でも良いのだろうと思います

Q5. 交通費、宿泊費:発生生物学会会員は基本的には手弁当、非会員には旅費支給

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
19
73.1
2
普通
6
23.1
3
悪い
1
3.8
4
その他(ご意見欄に記入ください)
0
0
ご意見

1.参加者のほとんどが開催地の基生研の人だったので、バイアスがかかっていたと思います。おそらく対象としているひとたちの年齢からいって家族の都合で3連休開催だと人が集まりにくいのだと思います。
2.普段まとめて聞くことができないTalkを多く聞くことができて良かった。
3.今回はこの方法でとても良かったと思うし、また次回は違うやり方でも良いのだろうと思います

Q6. プログラム編成・内容に関して:シンポジウム日数、発表時間など

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
23
88.5
2
普通
1
3.8
3
改善した方が良い
1
3.8
4
その他(ご意見欄に記入ください)
1
3.8
ご意見

1.もう少し一人の発表が短く、ポスターの時間は今回と同様に長めにとると良いと思いました。ポスターの時間を分けて(2度程度)にしてもらうと気持ちをリセットできて良いのではと思います。
3日開催にすると、後半やはり疲れてしまいます。それから、初日と最終日が必ず減ります。2日開催で集中的にやったほうが良いのではと思います。
2.最終日は午前中で終了しても良かった。ポスターの時間はやや長かった。短い時間で二つにわけるなどでも良いかも。
3.ポスターは朝9時からで最初は起きれると思っていなかったが、前日のFTや懇親会で興味を持った方々の話を詳細に聞きたいというモチベーションで起きることができた。
4.ポスター発表者だが、ポスターが長すぎた印象。ポスターの時間帯が終わって会場に来ている人もおり、時間帯も考えて欲しい気もする。
5.ポスター発表は時間の余裕があり大変良かったと思う。特に偶数・奇数を指定しない時間を1時間用意したのは、発表者にとっても良かったのではないかと思う。
6.ポスター発表が3部制で、発表者も自由に聞ける時間が確保されているのが良かった。他の学会でも取り入れられればと思える試みだった。

Q7. 次期(2020年)の秋季シンポの開催に関して

1.ぜひ次回も開催していただきたいです。
2.ぜひ開催してください。実行委員の選定は立候補が理想的だと思います。次に、前期の秋季シンポ実行委員長が推薦するのがいいかと思います。
3.定期的な開催が望ましいが、特定の方に負担が偏らないような実行委員の選び方になると良いと思います。
4.来年度もやって頂きたい。
5.いろいろな筋からの自薦、他薦があってよいと思う。会長、運営委員、前回実行委員(長)、あるいは学会員が、勝手に活動して候補者を探せばいいと思う。ただし、情報を管理システムはないと大変な齟齬が起きそう(候補者が見つかるたびにその情報を一元的に管理する人とか)。
6.テーマを公募で募ってはいかがでしょうか?テーマによってやる、やらないが大きく左右されると思います。
7.今回のように実行委員の主体性が強く発揮されると大変良いと思います。
8.2020年にぜひやっていただきたい。
9.特になし
10.時期は2020の間違い?会長と今回の運営委員が相談して決め方を決めるのが良いと思います。
11.非常に良い会だったので、来年も開催を望みます。

Q8. その他:時期、場所(基生研、遺伝研、理研など)、食事、ホストの労力、宿泊手配、クレーム対応など何でもご記入ください。

1. ホストの方々、お疲れ様でした。
2. 最終日は午前中までとしていただいた方がよかったように思いました。 遠くから来た方など早々に帰られたりして聞いている人数も少なかったように思います。
3. 今回の岡崎のように会場の付近に宿泊施設などがある場所が良いと思います。
徒歩圏内に二次会会場があったのも良かったと思います。
4. 楽しかったですが、3連休丸々はチョットしんどかったです。
5. 準備・運営お疲れさまでした。近い世代の研究者の研究に触れ大変刺激になりました。ありがとうございました。
6. 秋の3連休しかも分子生物学会の直前での開催は、残念ながら会員の足を遠のかせた原因となっていたように感じます。実際に私の周りでは家庭の事情などで参加を見送った優秀な会員が少なくありませんでした。秋にこだわる必要性は全く無いと思うので、もっと会員が参加しやすい日程を優先して考えるべきです。場所については全国の会員が集まりやすい場所で良かったと思います。
7. 三連休は避けて欲しかった...
8. 場所は便利なところがよい。時期は3連休はできれば避けてほしかった。
9. 場所として新幹線の止まる駅の近くがいいです。
10.連休を全部というのは少し厳しい。
11.3連休に完全に重ねたのは良くなかった思う。疲れを引きずったまま月曜日が来てしまっている。また紅葉のベストな週末だっただろうと思うが観に行けなかった。
12.特になし
13.すごくよく準備されていて、滞りなしに会が進められていて、とても良かったです。参加者の規模もちょうどいいと思いました。実行委員の方々、事務局の方、本当にお疲れ様でした。
14.連休中の開催ということもあったのかもしれないが、もう少し多くの学会員からの参加があると良かったかと思う。今回は、現在の流行りの分野の最先端を興味深く拝聴し、大変な刺激を受けたが、それ以外の分野の研究者が、それぞれの分野の現在・未来をどう見ているのかについても知りたいと思った。
15.この時期にやるのであれば、分生に完全にくっつけてしまったほうが参加しやすい人が増えたかもしれないと思いました。
16.基生研や遺伝研やCDBなら安定した運営が見込め、また少しでも異なる地域での開催を考えることは裾野を広げたり維持する意義があるわけですので、次回の運営委員がその時の社会状況を見渡して、より良いと思う方針を立て、場所きめすれば良いと思います。特に2020年であれば、東京オリンピックに関連付けた各種イベントのために一年を通して日本中でさまざまな催しが開催されている可能性があり、ホテルの確保の難しさなど、いまからは予想がつきにくいことが多いと思われますので。
17.学生の参加が少ない点が気になった。学生の参加を積極的に促す仕組みが必要と感じた。
18.シンポジウムの企画お疲れ様でした。発表(口頭・ポスター)の時間は十分でしたが、強いて言えば夜の討論会の時間がもう少し長く取れれば良かったかと思います(会場の都合で無理だったのは承知しています)。また機会があれば参加させていただきます。
19.ホスト(若手)の負担をできるだけ軽減させるべきです。

Q9. 特別企画"次の10年間の発生生物学の潮流を考える""若手のキャリアパスについて"を企画した。

No.
選択肢
投票数
投票率
1
良かった
10
83.4
2
普通
1
8.3
3
悪かった
0
0
4
その他(ご意見欄に記入ください)
1
8.3
ご意見

1. 正直、日本の生物学研究が遅れている?変化が海外の研究と比べて遅いことがわかりました。これから海外の研究に追随するのか?新たな日本発の研究分野を開拓すべきか?二者択一と言うものではないでしょうが、今後をしっかり考えるとても良い機会でした。
2. 企画者の負担は増えるかとは思いますが、より参加型の企画にするのであれば、事前に参加者にアンケートを実施しておけばよかったのかもしれません。
3. 鈴木さんと竹本さんの貴重なご経験話を聞かせていただいて、大変ありがたいと思いました。しかし、若手をサポートする案として提案された発生学会における賞(優秀賞など)に関して、賞の授与は行わない、とのポリシーがあるようでした。その理由は明らかにされていませんでしたが、昔に決まったことをそのまま引き継ぐことが最善の策とも思えません。それこそ、発生生物学だけでなく、時世の潮流を考え、若手であろうが若手でない研究者であろうが、多くの研究者が安心して研究に専念できるようにするために何ができるのか、学会として、発想の転換が必要かもしれないと思いました。
4. 若くしてテニュアを取ることのできたシニアの先生方と現在の若手との意見の違いが顕著だった。
5. 若手賞を設けること関して。今回の意見交換会では、何も知らない若造の跳ね上がり(若手の切実な要望)を、歴史を知るベテラン(訳知り顔の頑固者)が、教え諭す(一蹴する)形となった。発生生物学会は、数百年も続く歴史ある会ではなく、たかだか数十年の若い会である。若手とベテランが、お互いに歩み寄り、議論を重ねて、他の学会にはない新しい形の賞を模索すると良いだろう。例えば、賞ハンター以外の地道な研究を評価するために、過去5~10年間に自分が学会で発表したポスターを貼って進捗・変遷を説明し、それを評価するなど。
6. キャリアパスの具体例を聴けたのは良かったと思います。お酒が入って饒舌になる方もいらっしゃったのも本音に近いことが聴けて良かったです。ただ、会場の都合で最後駆け足になったのが残念でした。また、もう少しつっこんだ質疑応答ができたら良かったかとも思います。次回同様の企画をされるのでしたら、もう少し長く時間を取れれば良いかと思い ます。たとえば、・夕食を食べながらスタートする・参加者全員でなくても良いので、できるだけ多くの人に、一人5分くらいで自分の考えるキャリアパスについて語ってもらう・もしくは意見交換の時に参加者全員が順にコメントするようにするなど、いかがでしょうか。
7. 若手のキャリアパスの昨今の難しい現状に対して、発表者の裏話だけでなくシニアな方々の本音を聞くことができて有意義でした。重要な問題だと思うので、秋季シンポジウムだけでなく、本大会でも同様の企画を開催したら良いと思います。
8. 企画自体はよいと思いますし、準備された方々の苦労に感謝しております。一方、"10年"という期間がよかったのかどうかは再考の余地があると思います。何人かの方の指摘にもあったし、鈴木さんのプレゼン内容もそうですが、10年だと、目下の自分の研究をコツコツやるか、そこにトレンドを意識したテイストにするか、という内容にならざるを得ません。つまり、現在からの大きな飛躍は望めません。一方で、もし20-30年ということにしたら話は別です。今から20-30年前の状況を想像するに、遺伝学全盛の時代から、現在普通になっている数理モデリング、RNA-seq、genome editing、代謝、メカノ、各種オミックス解析、高度なイメージング、非モデル生物、はたまた宇宙・極限生物学などを予想できた人は少なかったのではないかと思います。私はそういうことを話し合う場なのかと思っていましたが、10という数字が独り歩きした感があり、その点では不満は残りました。
9. 公募にアプライする大変さや具体的なポイントを知ることができて良かった。
10.難しいかもしれませんが、普段人事する側からの話があっても面白いと思いました。
11.実体験に基づくお話や提言を聞けたことは大変役に立ちました。今後も同様の機会があると良いと思います。
12.個人的には大変面白く参加させていただきましたが、もっと色々なキャリアパスについて話題提供できる方の発表も聞きたかったです。
2019.04.19

江口吾朗・元発生生物学会長を偲ぶ

(日本の発生生物学会の二人の巨匠、江口吾朗(左)・岡田節人(右)の両元学会長、撮影: 阿形清和)
江口さんは岡田節人氏とともに日本の発生生物学会、ひいては日本のサイエンス界を牽引した巨星だった。名大の院生時代に師匠の佐藤忠雄氏から<イモリのレンズ再生>を研究テーマとして与えられ、それを生涯の研究テーマとした(佐藤忠雄氏は留学先のドイツのシュペーマンから<イモリのレンズ再生>を研究テーマとしてもらった)。熊本大学の学長になってからもイモリのレンズの摘出手術を続け、1匹のイモリを30年以上18回にわたりレンズを再生させることに成功している。<イモリのレンズ再生>に生涯を賭けた成果と言える。
Regenerative capacity in newts is not altered by repeated regeneration and ageing.
Eguchi G, Eguchi Y, Nakamura K, Yadav MC, Millan JL, Tsonis PA.
Nat Commun. 2011 Jul 12;2:384.

しかし、多くの科学者は<黒い色素細胞>が<透明なレンズ細胞>になるはずがないと心の中で思っており、眼の虹彩にはレンズの種の細胞が潜んでいるに違いないと思っていた。そんな風潮を払拭したのが江口さんだった。京大時代に岡田節人氏と組んで、単一の色素上皮細胞から培養条件下でレンズ細胞になることを証明し、<色素上皮細胞のレンズ細胞への分化転換>は世界が着目する研究テーマへと変貌を遂げていく。
Differentiation of lens-like structures from newt iris epithelial cells in vitro.
Eguchi G, Abe SI, Watanabe K.
Proc Natl Acad Sci U S A. 1974 Dec;71(12):5052-6.

さらに、自然界では背側の虹彩上皮からしかレンズを再生しないのに、発がん物質処理や細胞培養によって、虹彩上皮の色素上皮細胞ならどの部分の細胞であってもレンズ細胞への分化転換能力をあることを示し、ひいてはニワトリやヒトであっても眼の色素上皮細胞はレンズ細胞へ分化転換能力を保持していることを示した。
A unique aged human retinal pigmented epithelial cell line useful for studying lens differentiation in vitro.
Tsonis PA, Jang W, Del Rio-Tsonis K, Eguchi G.
Int J Dev Biol. 2001 Sep;45(5-6):753-8.

江口さんの学会への貢献は、何と言っても、学会長だった時に、発生生物学会の学会誌DGDを商業出版へと転換することを決定し、DGDの赤字経営によって破産寸前だった学会をレスキューしたことだ。多分、多くの学会員はこの決定の重要性を認識していないと思うが、この江口会長の決定がなければ、DGDひいては発生生物学会そのものが存続されていなかった。<俺がDGDそして学会をレスキューした>、それは江口さんの口癖であった。

江口元会長のご冥福を祈りたい。
阿形清和(前発生生物学会会長、基礎生物学研究所・所長)
2019.03.01

2019年1月 運営委員会 議事録

日時:2019年1月26日(土)午後1時30分~午後5時40分
場所:基礎生物学研究所 会議室
1.出席者
2.会長挨拶(上野会長)
3.報告事項
(ア)DGD編集主幹からの報告(仲村編集主幹)
(イ)事務局からの報告(佐々木副幹事長)
(ウ)2019年・第52回大会(大阪)準備委員会からの報告(西田)
(エ)2020年・第53回大会(大阪)準備委員会からの報告(中村)
(オ)日独合同ミーティングからの報告(森本幹事長)
(カ)生物科学学会連合より報告(丹羽)
(キ)キャリアパス委員より報告(林(良))
(ク)教員研修についての報告(森本幹事長)
(ケ)ISDB2021について(上野会長)
(コ)一般社団法人取得について(藤森)
(サ)その他

3.審議事項
(ア)2018年(平成30年)決算報告(佐々木副幹事長)
(イ)2019年(平成31年)予算案(佐々木副幹事長)
(ウ)夏季シンポジウム開催について(阿形)
(エ)2021年の年会開催場所について(上野会長)
(オ)巡回展「卵からはじまる形作り」開催申し合わせ(案)について(上野会長)
(カ)学会HP質問コーナーについて(上野会長)
(キ)DGD次期編集主幹について(上野会長
(ク)一般社団法人化における役割分担について(上野会長)
(ケ)その他

1.出席者
2.会長挨拶(上野会長)
・法人化に伴い運営委員の任期が5月16日まで延長された。
・2019年の5月16日以降の体制について報告があった。
・一般社団法人取得後には、各委員会化を目指したい。

3.報告事項
(ア)DGD編集主幹からの報告(仲村編集主幹)
・出版状況について報告があった。61巻2 号まで編集終了。
・2017 年の投稿数112 (2017年の投稿数136、2016年は104)accept 論文:47 (うち29 はinvited)。
・originalを出したときはぜひ、総説を書くよう進めていただきたい。
・DGD論文の引用をお願いします。
・上野会長が始めた「私とDGD」は好評です。関係者に書くことをぜひ勧めて下さい。
・次回の運営委員会(編集委員会)で外国人の編集委員を推薦してもらう。
・定期的にオープンアクセスをすることでIFを伸ばしていく。
・著者№(オーキッド№)でログインができるようにしてほしい。


(イ)事務局からの報告(佐々木副幹事長)
・会員数の報告
会費納入状況
未納状況
* 2年間未納の会員は12/31付けで除名処分
* クレジット決済利用者  236件(国内)、30件(海外) 合計266件(前年241件)

・岡田基金第10回日独若手ミーティング派遣助成に3件の応募があり、採択とした。申請者:仝由悦会員、羽田優花会員、間瀬俊会員
・2017/01/23 第36回日本糖質学会年会の後援を行った。
・2019/01/16 赤川公認会計士による会計監査を行った。
・秋季シンポジウム 報告
参加者:47名(発表者36名、パネリスト11名)、学会から旅費支援を含め167,831円の補助を行った。
・第52回大会に参加する学生会員の年会費を免除する。(4月5日までに入会した場合のみ)
※科研費で補助をする場合は、DGDへの投稿をお願いしたい。

(ウ)2019年・第52回大会(大阪)準備委員会からの報告(西田)
・2019/5/14~17、大阪国際交流センター(大阪市天王寺区)で開催する。
・Plenary  Eric Wieschaus先生,、Nicolas Plachta先生、シンポジウム6テーマ、口頭発表9テーマ(90演題)、サテライトワークショップ2テーマ、ポスター発表を企画している。
・1月28日締め切りで演題登録受付なので奮って登録をしてほしい。
・学生のための特別企画― 教授ポスターストリートを企画する。

(エ)2020年・第53回大会(大阪)準備委員会からの報告(中村)
・2020/5/19~22、熊本城ホール(熊本市・建設中)で開催予定。
・Plenaryは1名決定、もう1名は検討中。
・口頭発表3会場、ポスター会場、Plenaryだけ多目的ホールを利用予定。

(オ)日独合同若手ミーティングからの報告(上野会長)
・2018/10/11~13、GfEのSummer Schoolに合流する形でドイツのミュンヘン郊外のSchloss Reisenburg にある古城にて開催した。
・上記に加えて10/10にトゥービンゲンでWorkshopを開催した。
・学振の二国間交流セミナー助成を獲得し、参加者の旅費を補助した。
・2019/5/13.14に京都大学時計台記念館において第2回日独合同若手ミーティングを開催する。ドイツから12~15名、日本から20~30名を公募する。テーマは、「Self-organization in in vivo and in vitro」。

(カ)生物科学学会連合より報告(丹羽)
・第18回定例会議(2018年10月開催)が開催された。
・平成31年度、32年度の時期会長として小林武彦先生が当選された。
・2020年長崎で開催される国際生物学オリンピックが準備されている。
・生科連公開シンポジウム「持続可能な社会を目指して生物科学は何ができるのか」~生物科学系学会のあり方を考える~に上野会長が参加・発表を行った。

(キ)キャリアパス委員より報告(林(良))
・第52回大会(大阪)は、キャリアパスをメインにしたランチョンセミナーを予定している。
・大規模な民間企業、行政、中小規模の民間企業の方をパネリストに招いて、ランチョンセミナー企画を進めている。

(ク)教員研修についての報告(森本幹事長)
・理研CDBに9/29に高校生物教職員のための発生生物学実践講座(16名参加)、12/24に高校生のための発生生物学実習講座(生徒25名・教員14名参加)を開催した。
・社会的活動を開催する場合、学会からのサポートが可能なので、共催を検討してほしい。

(ケ)ISDB2021について(上野会長)
・カナダのバンクーバーで開催予定であったが、2021年10月17日~21日、ポルトガルで開催することになった。

(コ)一般社団法人取得について(藤森)
・規定第3章(会費金額)に「会費未納入により、会員資格を失った会員が再び入会するには、未納入分の会費を全額納入しなければならない。」を追記する。
・一般社団法人の取得スケジュールが報告され、書類提出や書類作成に協力をお願いしたい。
・監事に赤川公認会計士が就任されることが確認された。

(シ)その他
・一般社団法人取得後、公益社団法人化(総務省への報告や寄付が義務化される)に向けて数年かけて検討をしていく。


3.審議事項
(ア)2018年(平成30年)決算報告(佐々木副幹事長)
・事務局副幹事長より提出された決算書が承認された。

(イ)2019年(平成31年)予算案(佐々木副幹事長)
・事務局副幹事長より提出された予算案で承認された。

(ウ)夏季シンポジウム開催について(阿形)
・9月2日~4日、栃木県日光の日本両棲類研究所で開催をすることが承認された。
・オーガナイザーを守野孔明会員(筑波大学)が担当、現地担当として阿形運営委員が補助をする。
・交通の便が悪いので、貸切バスを学会負担で手配したい。

(エ)2021年の年会開催場所について(上野会長)
・北海道で中川真一運営委員を大会長として開催することが承認された。
・学会のすそ野を拡げれるように開催内容(会場数を減らす、発表形式の限定、発表言語など)について検討していく。

(オ)巡回展「卵からはじまる形作り」開催申し合わせ(案)について(上野会長)
・上野会長から提出された巡回展「卵からはじまる形作り」開催申し合わせ(案)について、「展示物」を「デジタルデータなど」に変更し、関係各所に承認いただいたうえで書類作成を進めていくことが承認された。
・科博展示に使用されたスクリーンを事務局で管理できるか、確認を行う。(大きさなど)

(カ)学会HP質問コーナーについて(上野会長)
・埼玉県立大宮高等学校の先生から質問があったが、現段階では、学会HPに質問コーナーを設けないことが承認された。

(キ)DGD次期編集主幹について(上野会長)
・次期編集主幹の役割(専任の方を探すか、Wileyの協力のもと若手を探すか)について、今後も検討していく。

(ク)一般社団法人化における役割分担について(上野会長)
・法人化に伴い、委員会を整備し、各担当者(=理事、または担当者)を決めていくことが承認された。

(ケ)その他
・特になし
2019.01.04

ニュースレター1月号(2019)

IITKの会場入り口
会場となったオーディトリウム
https://www.youtube.com/watch?v=WtGdRuSuaMU
珍しい野外でのポスター発表