2021.05.07

Postdoctoral Position in Evolutionary Developmental Biology of Fish Rutgers the State University of

The Nakamura lab in Department of Genetics at Rutgers university has a postdoctoral position available (http://nakamuralab.com/). The long-term goal of Nakamura lab is to identify the genetic mechanisms underlying fish diversity and their contribution to the fish-to-tetrapod transition. We are particularly interested in how fish fin skeletons diversified and evolved into tetrapod limbs. To this end, we bridge functional genomics, genetics, and embryology using model and non-model organisms, including zebrafish, skates, and sharks. More information about ongoing research projects can be found on the lab website.

Candidates should have strong research records in any of the following areas: developmental biology, evolutionary biology, genomics, or other relevant fields. Our lab is a highly interdisciplinary environment, therefore, scientific curiosity and strong communication skills are necessary. Experience in zebrafish embryology, high-throughput sequencing, or bioinformatics data analysis is preferred, but not required.

Rutgers University is located in New Brunswick, NJ, which is only 45 minutes away from NYC by train. Many competitive research universities and institutes are in the Northeast area, offering remarkable opportunities for collaboration and research conferences. The Nakamura lab regularly visits the American Museum of Natural History (https://www.amnh.org/) and the Marine Biological laboratory (https://www.mbl.edu/) for the purpose of analyzing unique specimens and educating students.

Candidates should send a curriculum vitae, brief statement of current research, and contact for 3 references to nakamura@dls.rutgers.edu (Tetsuya Nakamura).
2021.01.29

慶應義塾大学医学部解剖学教室(仲嶋研究室)特任講師または特任助教を追加募集します

複数のスタッフの栄転が決まったため新たに追加募集することになりました

【研究内容】脳皮質の三次元的な基本構造が、それを構成する細胞たちの相互作用を通して発生期に構築されていくメカニズムを明らかにすることを目指します。
細胞生物学、生化学、免疫学等のバックグラウンドを持つ方を特に希望しますが、十分な実績があり今後活躍が期待できる方であれば、それに限るものではありません。
下記のサイトもご参照下さい。
https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/12_kiban/ichiran_r02/j-data/r_2_jp_20h05688.pdf

【職名・任期】
特任講師または特任助教1名:科学研究費補助金による雇用。常勤。年度毎の契約で、成果により最長2024年度まで更新できる可能性があります。
実績や経験、着任時期によって一定の試用期間を設ける可能性があります。

【着任時期】できるだけ早期の着任を希望します。

【勤務地】東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学医学部 総合医科学研究棟

【待遇】慶應義塾の規程に準じます。各種保険完備。保養所等の利用も可能。

【提出書類記載事項】(書式自由)
・履歴書 (写真付き)
・これまでの研究概要(A4で2枚以内)
・業績リスト(誌上発表、口頭発表、特許等。誌上発表については、原著論文と総説を区別して下さい。)
・志望動機を含む自己アピール(A4で1枚程度 )
・意見を聞ける研究者の方2名の氏名と連絡先(メールアドレス)。

【応募締め切り】書類選考の上面接を行い、採用者が決まり次第締め切ります。
特定の締め切り日は設けませんので、応募ご希望の方はまずご一報下さい。

【提出方法】e-mailに応募書類を添付して、当研究室秘書の長尾由樹子( admin_nakajimalab-group@keio.jp )にご送付をお願い致します。その際、仲嶋( kazunori@keio.jp )にもCCでお送り下さい。

【問い合わせ先】
慶應義塾大学医学部解剖学教室 仲嶋一範
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
TEL: 03-3353-1211(代表) 、FAX: 03-5379-1977
E-mail: kazunori@keio.jp
研究室ウェブサイト: https://www.nakajimalab.com
2021.01.28

Postdoctoral Position in University of California San Francisco

We are seeking highly motivated candidates with interests in regenerative biology to join Dr. Huang's laboratory at UCSF. The laboratory uses the heart as a model system to investigate organ development, regeneration and repair in adult zebrafish, neonatal and adult mice, with an emphasis on the pathways that regulate resident stem cell activation and mature cell dedifferentiation/proliferation, and with innovative and integrated approaches in single cell analysis, advanced imaging microscopy and genome manipulation technology.

Research Directions
1. Developing novel intravital imaging in live animals and tissue clearing techniques for high-resolution visualization of cellular behavior, activity and interaction during heart development and regeneration.
2. Performing functional screens to induce adult mouse and human cardiomyocyte regeneration using both candidate gene and directed evolution approaches integrated with CRISPR/Cas9 genome manipulation technology.
3. Taking pharmacological and genetic approaches to uncover the unifying principle governing the decline of regenerative potentials in adult mammalian organs and appendages including the heart, digit/limb, skin, brain, and spinal cord.
4. Leveraging the power of phylogenetic screen to identify novel mammalian animal models with extraordinary tissue regenerative capacity.
5. Investigating human genetic mutations and underlying molecular mechanisms in rare heart diseases that may result in preservation of cardiac regenerative potential.
6. Exploring the molecular basis of extreme biology in invertebrate and vertebrate species including water bears, naked mole-rats and ground squirrels.

We invite candidates with a highly productive training record, strong research motivation, and extensive experience in any of but not limited to the following areas: (1) developmental and regenerative biology, (2) heart physiology and cardiomyocyte biology, (3) cell division, signaling, and bioinformatics data analysis. Successful candidate will work in a highly interdisciplinary research program that interfaces developmental and stem cell biology, regenerative medicine, and cardiovascular diseases.

To apply, interested candidates should submit a single PDF file including (1) a cover letter with a brief statement of research experience, interest, and career plan, (2) curriculum vitae, and (3) a list of three references to Dr. Huang (Guo.Huang@ucsf.edu).

Selected publications
1. Hirose, K., Payumo, A., et al. & Huang, G. N. (2019) Evidence for hormonal control of heart regenerative capacity during the acquisition of endothermy. Science 364(6426): 184-188.
2. Payumo, A. & Huang, G. N. (2020) Lamin B2, guardian of cardiomyocyte nuclear division. Dev Cell 53:5-6
3. Huang, G. N., et al. & Olson, E. N. (2012) C/EBP transcription factors mediate epicardial activation during heart development and injury. Science 338 (6114): 1599-1603.
4. Huang, G. N., et al. and Worley, P. F. (2008) NFAT binding and regulation of T cell activation by the cytoplasmic scaffolding Homer proteins. Science. 319 (5862): 476-81.

Guo Huang, Ph.D.
Department of Physiology
Investigator of the Cardiovascular Research Institute
Investigator of the Eli and Edythe Broad Center of Regenerative Medicine and Stem Cell Research
Lab website: http://www.cvri.ucsf.edu/~huang/lab/Research.html
Twitter@guonhuang
2021.01.15

脳神経科学研究センター 研究基盤開発部門 動物資源開発支援ユニット テクニカルスタッフ募集 (W20241)

募集研究室
脳神経科学研究センター 研究基盤開発部門 動物資源開発支援ユニット(ユニットリーダー:吉原 良浩)

研究分野
生物学、医科学

研究室の概要
当ユニットでは、(1)動物実験施設の管理、(2) 実験動物を用いる技術支援業務を行っております。

募集職種、募集人数及び職務内容
募集職種、募集人数
テクニカルスタッフI(裁量労働制) 1名

職務内容
マウスの胚操作、遺伝子改変マウス作製、ポリクローナル抗体作製などの技術支援。

応募資格
大学学部卒以上。マウスまたはラットの胚操作の経験があり、 遺伝子改変マウス作製やポリクローナル抗体作製等の技術習得に熱意のある方。

勤務地
事業所名及び住所
理化学研究所 和光地区 (〒351-0198埼玉県和光市広沢2-1)

待遇
単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から7年を迎えた年度末を上限として再契約可能。
ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。また、原則として65歳を超えての再契約は行いません。
2013年4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。ただし、当研究所に在籍歴がある方はこれによらない場合があります。詳細は「理化学研究所との有期雇用の通算雇用契約期間に関して」をご参照ください。
原則として2ヶ月の試用期間有り。
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住居手当の支給有り。社会保険の適用有り。
理研共済会(互助組織)に要入会。

専門業務型裁量労働制適用で、1日7時間30分就業したものとみなされます。

休日は、土日、祝日、年末年始(12月29日-1月3日)、当研究所設立記念日。
喫煙場所以外では敷地内禁煙。
その他、当研究所規程による。

理化学研究所は、女性も男性も1人1人が能力を発揮できるよう様々な取組を行い、男女共同参画を推進しています。公正な評価に基づき能力が同等と認められる場合は、女性を積極的に採用します。

応募方法及び締切日
提出書類
履歴書 Excel(157KB)(写真貼付、E-mailアドレスを明記してください)
*履歴書右上の「公募番号」欄には、公募タイトルに記載されているW20241を記載してください。
志望理由書:これまでの職務の概要、取得している技術、抱負など(A4 1~2枚)
現職の所属長を含む推薦書1通以上
(現職の所属長から推薦書をもらうのが困難な場合は、第3者による推薦書)
研究業績一覧
EU一般データ保護規則(GDPR)に基づく個人情報の取扱に関する同意書
欧州経済領域(EEA)に居住されている方のみ、上記の同意書をご提出ください。
EU一般データ保護規則(GDPR)の詳細は、下記をご参照ください。
European Commission(英語サイト)


応募方法
提出書類をPDFファイルで作成し、電子メールでyoshihiro.yoshihara [at]riken.jpに送付してください。
(推薦書は推薦者より直接電子メールにて送付してください)

応募書類は返却できませんので予めご了承下さい。

締切日
候補者決定次第、締め切り

個人情報の取扱について
提出していただいた書類は、理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法
書類審査後、選考通過者のみ面接を実施します。

着任時期
候補者決定後、できるだけ早い時期(応相談)

問い合わせ先・書類送付先
〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 理化学研究所
脳神経科学研究センター 研究基盤開発部門 動物資源開発支援ユニット 吉原良浩
Email: yoshihiro.yoshihara[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。
お問い合わせはメールでお願い致します。