2009.07.01

DGD編集主幹 メッセージ

DGD編集主幹 仲村 春和

 2008年のDGDのインパクトファクターが2.3に上昇しました。MOD, DB, Developmentなど発生学関係の雑誌のIFが軒並みダウンしている中で、DGDは始めて2を突破しました。IFの算出はたとえば2008年のIFですと2006年、2007年のDGDの論文の引用された回数を論文数で割ったものです。論文を執筆されるときにできるだけ引用していただくようお願いいたします。 インパクトファクターだけが雑誌の質を判断する物差しではありませんが、その物差しの一つとしての役割は大きいと思いますので、やはりファクターをあげる努力は続けるべきだと思われます。

昨年は記念すべきDGDの50巻の年で、50巻特集号を号外として発行しました。これは、日本発生生物学会の歴史を知る上で、また実験発生学から分子発生生物学への歴史、発生生物学の現状の理解に役立つ特集になったと思います。私の手元に特集号がありますので、冊子体のほしい方にはさしあげます。

  51巻の特集として松永英治、大隅典子先生の編集によるPhylogeny and ontogeny of the nervous systemの特集を発行しました。この特集には第一線の方々によるクラゲ等の刺胞動物、プラナリア、ホヤ等の神経系の発生から、哺乳類の大脳皮質の発生、さらにはマウスの神経新生に関する総説、ニワトリの脳胞のフェイトマップなど、幅広いトピックでの総説を収めており、優れた特集になったとおもいます。

  これからの特集としては52巻にComparative aspects of stem cells, Mouse stem cells, Epigeneticsと3つの特集を計画しています。原著論文も受け付けていますので、これらのトピックに関する論文を計画されている方は是非投稿先の候補にDGDを考えて下さい。

  DGDに1ページ以内のnews & viewsを設けたいと思います。会員の方が自信作のoriginal paperを発表されたとき、ぜひnews & viewsとして投稿して、ご自身の仕事をアピールして下さい。

  今年になって、日本からの投稿より外国からの投稿が多くなっています。Internationalという点では歓迎すべきことですが、会員の方々の投稿が少なく、発行に苦労しています。会員の方々がより一層DGDに目を向けて、投稿して下さいますようお願いします。

  DGDの出版は引き続きWiley-Blackwell社から行うことになっており、経済的には学会にほとんど負担をかけることなく出版できています。さらなる向上に向けて会員の皆様の一層のご協力、ご支援をお願いします。