2021.11.19

Notchシグナル研究会 2022
大阪大学蛋白質研究所セミナー「Notchシグナルの制御を目指して」

2022年1月18日(火)13:00-20:00 Online開催(使用言語は日本語、または、英語)
世話人:松野健治(阪大・理)、竹内英之(静岡県立大・薬)、高木淳一(阪大・蛋白研)
参加・発表希望者(Online)は以下のメールアドレスに、11月30日までに連絡してください。
htakeuchi@u-shizuoka-ken.ac.jp

Notch受容体を介するシグナル伝達系(Notchシグナル)は、細胞と細胞の直接的な接触による局所的な細胞間相互作用で機能する。Notchシグナルの構成因子群が同定され、これらの因子の機構解析によって、Notchシグナルの活性化の仕組みが明らかにされてきた。一方、これらの因子の機能は多岐にわたるため、Notchシグナルの制御機構の全体像を把握するためには、異なる視点からアプローチする研究者が一同に会して、議論し、情報交換する機会をもつことが極めて有意義である。
そこで、令和3年度において蛋白研セミナー「Notchシグナルの制御を目指して」を開催し、Notchシグナルの制御メカニズムに焦点を当てた研究会を開催し、ヒトNotchシグナルの制御方法開発に応用可能な基礎知識の集積、体系化を目指したONLINEの研究会を開催したい。また、異分野交流を目的として、Wntシグナルに関する講演も実施する。