2021.05.14

Call for submissions to the ”Marine Genomics”

この度、Development Growth & Differentiation (DGD)では、特集号”Marine Genomics”を発行することとなりました。皆様には、レビューおよびオリジナル論文の投稿をご検討いただくとともに、この情報を会員外のお知り合いへの転送をお願いいたします。

発生生物学の長い歴史の中で、海産動物はその黎明期を支えてきました。しかし、いわゆるモデル生物を利用して遺伝学的手法を取り入れた研究が近年発展してきたため、ゲノム情報もなく飼育だけでも困難さを含む海産動物を用いて発生生物学の謎にチャレンジする機会が世界的に見てもかなり減少してきました。一方、DNAシーケンス技術やバイオインフォマティクスの発展、また、ゲノム編集の開発により、これまで海産動物の発生生物学用ツールとして利用できなかったゲノム・トランスクリプトーム情報の取得や遺伝子改変を以前よりも簡便に実行できるようになり、海産動物研究も新たなステージへと進みつつあります。そこで、Special Issue “Marine Genomics”では発生生物学の研究過程でツールとして取得した海産動物のゲノム・トランスクリプトーム情報や、それらを利用して実現できた研究成果および未来の研究発展の可能性に至るまでを特集したいと思います。特集号の目的と範囲の詳細はPreface(下記参照)をご覧ください。

投稿をご検討くださる場合は、特集号編集委員(yag@shimoda.tsukuba.ac.jp)へ事前コンタクトをお願いいたします。

投稿締め切りは2021年8月31日です。

皆様の積極的なご投稿を心からお待ちしております。

特集号編集委員
谷口 俊介(筑波大学)
和田 洋(筑波大学)